中山道 十八日目の街道歩き旅 [茂田井宿~望月宿編]

茂田井~望月

中山道 茂田井~望月の地図
茂田井宿

茂田井宿

茂田井宿にやって来た。芦田~望月間の「間の宿」である。坂道を下っていく。(石割坂)。

高礼場跡

高礼場跡

ここは茂田井の高礼場跡。

茂田井宿

茂田井宿

美しく風情のある町並みが続く。

茂田井宿

茂田井宿

国道から離れているので、車もほとんど通らず、ゆっくりと散策できるのが嬉しい。

酒屋

酒屋

茂田井は良質米の産地として知られ造り酒屋が2軒ある。

高礼場

高礼場

この辺りが高礼場だった(中央左に説明板)。

大沢酒造

大沢酒造

酒屋のシンボル、杉玉がぶらさげてある大沢酒造の門。

しなの山林美術館

しなの山林美術館

大沢酒造内の「しなの山林美術館」(右)

左は民俗資料館。いずれも酒蔵を改装したもの。

茂田井

茂田井

白壁の酒蔵が連なる。茂田井の町並み。

茂田井

茂田井

酒好きだった若山牧水も、この茂田井にぞっこんほれ込んだ。 

武重本家酒造

武重本家酒造

ここも造り酒屋の武重本家酒造。

牧水の歌碑

牧水の歌碑

ここにも牧水の歌碑が建つ(武重本家の正面。)
「しらたまの歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり」(右)の歌はこの茂田井で詠まれたもの。他の2首も酒の歌である。

望月宿

望月宿

望月宿にやって来た。江戸から26番目の宿。

左の脇本陣鷹野家には往時の面影が残る。

本陣跡

本陣跡

本陣跡地には風情ある歴史民俗資料館がある。

望月宿

望月宿

この望月宿の注目点の一つは、店や家々の看板だ。プロの書道家たちによる看板が目をひく。ここは「さなや」。

山城屋

山城屋

右に山城屋、左に井出野屋。いずれも江戸時代から続く旅籠である。

島田屋

島田屋

望月宿はここまで。旅館・島田屋(正面)の角を街道は左折する。

瓜生坂

瓜生坂

いかにも古道らしい雰囲気が漂う瓜生坂。左は百万遍仏塔。