中山道 十六日目の街道歩き旅 [和田宿~長久保宿編]

和田峠~和田

中山道 和田峠~和田の地図
旧道

旧道

接待から車道と分れ旧道(車道の右)を行く。

三十三体観音

三十三体観音

三十三体観音(中央)と避難小屋。

三十三体観音

三十三体観音

4体は未発見とのこと。

男女倉口

男女倉口

この男女倉口でふり返る。「歴史の道」は、ここでいったん国道と合流する。

唐沢の一里塚

唐沢の一里塚

唐沢の一里塚へは右の坂道を登る。

和田~長久保への道

中山道 和田~長久保への道の地図
翠川氏宅

翠川氏宅

和田宿にやって来た。ここは脇本陣だった翠川[みどりかわ]氏宅。

和田宿

和田宿

ここは和田宿は和田峠を越えるための多くの旅人が宿泊し繁栄したようだ。

和田宿本陣

和田宿本陣

この和田宿本陣は1861年3月大火で焼失したが急ピッチで再建され皇女和宮の宿泊(同年11月)に間に合わせた。

和田宿本陣

和田宿本陣

3年後には水戸天狗党がやって来て宿泊している。

大黒屋

大黒屋

和田宿の町並み。中央は旧旅籠の大黒屋。
 

河内屋

河内屋

規模の大きな旅籠だった河内屋。

歴史の道資料館

歴史の道資料館

この河内屋は和田宿の代表的な建物ゆえに「歴史の道資料館」として復元整備された。

~長久保

中山道 ~長久保の地図
竹重家

竹重家

長久保宿にやって来た。ここは横町のもとの旅籠・辰野屋・竹重家。

長久保宿

長久保宿

長久保宿は交通の要所でもあり、信濃路では塩尻宿に次ぐ旅籠の数を誇っていた。

長久保宿

長久保宿

長久保宿の特徴はL字型の町並みだ。

南北方向の横町から、ここで東西方向に延びる竪町へ右折する。

浜田屋旅館

浜田屋旅館

一泊お世話になった浜田屋旅館(右)。当地唯一の旅館は貴重な存在だ。

道標

道標

浜田屋の前には「中山道長久保宿、左ぜんこうじ」の道標が建つ。

釜鳴屋竹内家

釜鳴屋竹内家

ここは釜鳴屋竹内家。

本陣

本陣

ゆるやかな坂道を登っていく。

一直線だ。左に本陣が見える。

本陣

本陣

この長久保宿本陣は中山道の本陣では最古の本陣といわれる。

真田幸村の娘がここに嫁いでいる。

長久保宿歴史資料館

長久保宿歴史資料館

この旅籠風の休み処は「長久保宿歴史資料館・一福処濱屋[いっぷくどころ はまや]」。