中山道 十五日目の街道歩き旅 [和田峠越え編]

馬籠峠~妻籠入口

中山道 和田峠の地図
西餅屋一里塚

西餅屋一里塚

西餅屋一里塚(右)。江戸から53番目。

指標

指標

やがて山道に入る分岐点には「中山道」の指標(中央下)。

そして傍らには「過客大安」の石碑(右)が建つ。旅人の無事を祈るものだろうか。有難くうけとめ気をひきしめる。

西餅屋茶屋跡

西餅屋茶屋跡

西餅屋茶屋跡。

ここから和田峠頂上までの1.5㎞は旅人を難儀させた急坂が連続する。

九十九折り

九十九折り

九十九折りの狭い山道。

中部北陸自然歩道

中部北陸自然歩道

中部北陸自然歩道の木柱が建つ峠へ0.9k地点。

石小屋跡

石小屋跡

これは石小屋跡。雨や雪の場合の避難に使用した。

和田峠

和田峠

頂上まであと少し。

最後の登り。

和田峠

和田峠

諏訪方面をふり返る。

和田峠

和田峠

江戸時代には賑わいをみせた峠も、今はひっそりとしている。

和田峠

和田峠

この和田古峠は中山道で最も標高が高い(1.520m)。冬の寒さは想像を絶するものがあったろう。 

和田峠

和田峠

近くの山に登り古峠を遠望する。右中央に「歴史の道」説明坂が小さく見える。さすがに眺望は抜群だ。

御嶽山参拝の碑

御嶽山参拝の碑

古峠には御嶽山参拝の碑が建つ。旅人はここから前方60㎞の御嶽山を遙拝したのである。

和田峠

和田峠

古峠の東側一帯は黒輝石の産地。無土器時代の昔には矢じりや斧の材料として使われた。

和田峠

和田峠

峠道はやはり紅葉の頃がベストシーズン。

東餅屋跡

東餅屋跡

和田峠越えの人馬の休息所だった東餅屋跡。かつて5軒の茶屋があった。

旧道

旧道

ここから車道と分岐として旧道(左奥)に入る。

道中

道中

樹木の中を進んでいく。

東餅屋一里塚

東餅屋一里塚

江戸から52番目の東餅屋一里塚。完全な姿で2基残存している。(右と左奥)。

石畳

石畳

石畳の道。道幅は広いので歩きやすい。

石畳

石畳

この石畳は、古くからあったものを「歴史の道」として整備し直したもの。

石灯籠

石灯籠

「歴史の道」をふり返る。右に雰囲気のある石灯籠。

接待

接待

復元された永代人馬施行所。

旅人には粥、馬には馬草を供した。ここの地名接待は、そのことに由来する。