中山道 十三日目の街道歩き旅 [奈良井散策編]

奈良井散策

中山道 奈良井散策の地図
木曽の大橋

木曽の大橋

R19号沿いの「道の駅」奈良井「木曽の大橋」。

総ひのき造りの美しい太鼓橋が奈良井川にかかる。

宮の沢水場

宮の沢水場

木曽路11宿中、「奈良井千軒」といわれ最も栄えた、この宿は見所が多い。南口からじっくり散策してみよう。中央は宮の沢水場。

水場

水場

左から水場、庚申塔、そして復元された高礼場。

竹仙堂

竹仙堂

出梁造りと千本格子の家並が続く。ここは民芸会館の向かいにある「竹仙堂」。

才田屋漆器店

才田屋漆器店

その隣りは才田屋漆器店。

中村邸

中村邸

左が中村邸、もと櫛問屋である。薮原の「お六櫛」と違って、奈良井の塗櫛は目をみはる程の華麗な工芸品だった。

中村邸

中村邸

この中村邸には、しとみ戸(中央)、よろい庇(上)と猿頭(板を押さえたもの)が、きれいな形で残っている。

奈良井宿

奈良井宿

奈良井宿は奥へと細長く続く。

上問屋史料館

上問屋史料館

上問屋史料館。

かつて宿場の荷物を管理し人足、伝馬を手配した。時に庄屋も兼務したという。

伊勢屋旅館

伊勢屋旅館

脇本陣の雰囲気たっぷりの伊勢屋旅館。
 

越後屋旅館

越後屋旅館

古い様式を残す越後屋旅館。江戸時代から続く旅籠である。

松坂屋

松坂屋

手作りの塗櫛を売る松坂屋。上にクシの看板。

徳利屋

徳利屋

もと脇本陣、今は郷土館兼食事処の徳利屋。かつては島崎藤村、泉鏡花、正岡子規、坪内逍遥らも宿泊した。

枡形

枡形

奈良井宿は約1㎞の南北に細長い宿場だ。その中ほどに枡形(鍵の手)がある。

杉の森酒造

杉の森酒造

杉の森酒造。

暖簾には「創業寛政5年」とある。ということは江戸時代の中頃の創業。

越後屋食堂

越後屋食堂

越後屋食堂、民芸品や「おやき」なども売る。

松屋茶房

松屋茶房

情緒のある町並みが続く。

道標

湯筒屋

ここにも漆器店(右湯筒屋)。江戸時代には奈良井の漆器作りは有名だったが、今は平沢が盛んである。

鞍部

鞍部

奈良井宿をふり返る。

中央はJR奈良井駅、越えてきた鳥居峠は中央奥の鞍部。