中山道 九日目の街道歩き旅 [三留野宿~須原宿編]

三留野宿~与川道

中山道 三留野宿~与川道の地図
道中

水車小屋と高礼場

登り坂の道端には水車小屋(右)と高礼場(左)。

妻籠城跡

高礼場

高礼場付近の冬景色。

高礼場

妻籠城跡

妻籠城跡。
上り口付近(左奥)を振り返る。

妻籠から北へ

妻籠から北へ

良寛

良寛

良寛の歌碑が建つ。
「この暮れのもの悲しきに若草の妻呼び立てて小牡鹿鳴くも」。

上久保の一里

一里塚

原形を留める上久保の一里塚。江戸から78番目。

道標

道標

戦沢の道標が建つ。左奥が南木曽駅方面。

水車小屋と高礼場

戦沢の冬景色

武者行列

かぶと観音

かぶと観音。木曽義仲が兜の中に納めていた十一面観音を祀ってある。。

ふりそでの松

ふりそでの松

巴御前ゆかりの振袖松。

南木曽駅の分岐

南木曽駅の分岐

中山道は右へ。
左は南木曽駅へ至る道。

道中

道中

三留野宿へ向かう道中。

園原先生碑

園原先生碑

三留野出身の大学者・園原先生(江戸中期)の碑が建つ。

桃介橋

桃介橋

木曽川にかかる桃介橋。

背景の山々にマッチする吊橋だ。川上貞奴とのロマンスで知られる福沢桃介が建設(1923年)。

国の重要文化財。

本陣跡

本陣跡

三留野宿本陣跡。

左に明治天皇行在所の碑が建つ。

枝垂梅

枝垂梅

本陣跡に咲く枝垂梅(南木曽町の天然記念物)。

三留野宿

三留野宿

ゆるやかな坂道の両側に続く三留野の町並み。

三留野宿

三留野宿

家々は昔の屋号をかかげている。

与川道

与川道

「歴史の道」与川道は中山道の迂回路である。それは三留野から野尻宿への道は、険しい山々が木曽川に迫りしばしば通行不能となったからである。

与川道~野尻

中山道 与川道~野尻の地図
石仏道標

石仏道標

与川道の石仏道標
「右やまみち左のじり(野尻)」

野尻の七曲がり

野尻の七曲がり

野尻宿は、くねくね曲がりの道が特徴。

これは外敵防御のためで、いわゆる「野尻の七曲がり」

大桑駅周辺~須原宿

中山道 大桑駅周辺~須原宿の地図
弓矢の一里塚

弓矢の一里塚

JR大桑駅近くに残る弓矢の一里塚。

弓矢の一里塚

弓矢の一里塚

江戸から76番目の一里塚。 。

定勝寺

定勝寺

須原宿にやって来た。ここは宿の西はずれにある名刹定勝寺。

水舟

水舟

ここ須原は昔から清水が湧き、今も街道沿いに丸太をくりぬいた「水舟」が置かれている。

須原宿脇本陣

須原宿脇本陣

須原宿脇本陣(西尾家)跡碑(中央)

子規の歌碑

子規の歌碑

ここには水舟が置かれ、傍に正岡子規の歌碑が建つ。

「寝ぬ夜半を、いかにあかさん山里は、月出づるほとの空たにもなし」。(1891年6月末、子規は須原に宿泊)

須原宿

須原宿

広い道幅と用水路に特徴がある。

須原宿本陣跡

須原宿本陣跡

須原宿本陣跡付近の景観。