山陽道 七日目の街道歩き旅 [岡山~矢掛編]

岡山~備前一宮駅まで

山陽道 岡山から備前一宮駅までの地図
山陽道 道標

道標

R180号を渡ると、
京橋江ちか道 と刻まれた道標が建つ。

山陽道 三門中町の町並

三門中町の町並

三門[みかど]中町の町並。JR吉備線、備前三門駅から少し北へ歩いたところである。

山陽道 国神社

国神社

石段の狛犬が面白い。参道の鳥居・石段は元禄15年(1702)に造られた。

山陽道 笑塚

笑塚

山陽道 矢坂本陣

矢坂本陣

山陽道 道標

道標

中川橋を渡ると、左手に吉備津神社参道の道標が建つ。

山陽道 吉備津彦神社

吉備津彦神社

JR吉備線の備前一宮駅のすぐ南にある吉備津彦神社。

山陽道 国境碑

国境碑

従是東備前國 とある。

ここから備中の国に入る。

備前一宮駅~板倉まで

山陽道 備前一宮駅から板倉までの地図
山陽道 真金一里塚

真金一里塚

国史跡の真金[まかね]一里塚。付近は古代吉備文化の中心であった。

山陽道 板倉宿 看板

板倉宿 看板

板倉宿から吉備津神社へは、左折し約1km。

山陽道は、直進する。

山陽道 板倉宿 看板

板倉宿 看板

看板を裏から見たもの。

写真右は常夜燈。

山陽道 常夜燈

常夜燈

山陽道 鬼のプレート

鬼のプレート

プレートには、

吉備津路の元鬼と陽鬼と勇鬼 とある。吉備は桃太郎の鬼退治伝説がある。

山陽道 道標

道標

道標には、
右 松山江八里足守江二里
南 庭瀬江三十丁
西 井山寶福寺江二里半
牛の鼻ぐり塚 とある。

山陽道 道標

道標 裏

牛の鼻ぐり塚とは、、全国の牛の鼻ぐりを集め、供養をするところである。

山陽道 道標

道標

道標(写真左)に従って川辺宿方面は直進(写真中央奥へ)する。

山陽道 道標

道標

扇子で方向を指す面白い趣向である。

川辺 やかげそう志や道
金毘羅 くらしき庄早島

板倉~山手まで

山陽道 一日市から藤井までの地図
山陽道 大峯登山三十三度供養塔

供養塔

大峯登山三十三度供養塔

山陽道 >国分寺の五重塔

国分寺の五重塔

前方に備中国分寺の五重塔(写真右)が見えてきた。

ここで街道は、左折する。

山陽道 地蔵堂

地蔵堂

山陽道 宿

宿

ここ宿は、その名の通り山陽道の宿場町として栄えたところ。今も当時の名残をとどめる屋号の残る家がある。写真右は三宅酒造。

山陽道 道標

道標

道標には、
旧山陽道宿
左 おかやま
右 やかげ とある。

山陽道 道標

道標

ここにも、国分寺の道標が。写真右奥に見えるのは備中国分寺の五重塔。

山陽道 道標

道標

寺山古墳300mとある。寺山古墳は古墳時代に造られた、前方後円墳。

山陽道 山手

山手

山手は古墳が散在する。

江戸時代には、交通の要所として脇本陣が置かれ。宿場として賑わった。
福山合戦の舞台となった福山城跡もある。

山陽道 道標

道標

南 すもうとり山
東まかね とある。

角力取山[すもうとりやま]古墳は、吉備地方最大の方墳。

山陽道 山手郷土館

山手郷土館

山陽道に面している山手村の郷土館(写真左)。もとは、江戸時代の富豪の家だった。

山陽道 山手村一里塚碑

山手村一里塚碑

写真右が山手村の一里塚。石碑には、

左 おかやま(写真左方面)
右 やかげ とある。

山陽道 一里塚跡説明板

一里塚跡説明板

一里塚には、目印となる立派な一里松が植えられたが、昭和30年頃に枯れてしまったそうだ。

山手~川辺まで

山陽道 山手から川辺までの地図
山陽道 高梁川

高梁川

高梁[たかはし]川(写真堤防の向う側)を渡ると、川辺一里塚碑がある。

山陽道 川辺宿の町並み

川辺宿の町並み

川辺宿は、高梁川の川渡り、雨などによる足止めの際に賑わった。

山陽道 川辺宿本陣

川辺宿本陣

ここ川辺宿本陣で昭和12年、殺人事件がありました。と言っても、これは横溝正史(疎開先が、この真備町)の推理小説の話です。

吉備真備駅~備中呉妹駅周辺まで

山陽道 吉備真備駅から備中呉妹駅周辺までの地図

~矢掛駅まで

山陽道 備中呉妹駅周辺から矢掛駅までの地図