山陽道 六日目の街道歩き旅 [伊部~岡山編]

伊部~香登まで

山陽道 伊部から香登までの地図
山陽道 衆楽館

衆楽館

備前焼の店。備前焼陶芸体験ができる。

山陽道 伊部の町並み

伊部の町並み

備前焼の産地らしき雰囲気が漂う伊部[いんべ]の町並み。

山陽道 大内神社

大内神社

大内神社鳥居。写真中央に香登一里塚の説明板がある。

山陽道 香登一里塚説明板

香登一里塚説明板

香登一里塚は、道沿いに南北一対造られた。北塚は現存するが、南塚は用心井戸に使用され面影はない。

山陽道 香登一里塚

香登一里塚

現存する北塚の香登[かがと]一里塚(写真左)。

備前市の西端にある。

山陽道 常夜灯

常夜灯

香登の町並みと常夜灯。

香登~一日市まで

山陽道 香登から一日市までの地図
山陽道 一日市一里塚

一日市一里塚

吉井川に面して、一日市[ひといち]一里塚がある。

山陽道 常夜灯

常夜灯

街道は、ほぼ一直線に岡山方向へ向かう。

写真中央やや右に常夜灯(一日市)。

山陽道 一日市宿場跡

一日市宿場跡

一日市は、吉井川の川渡り、雨などによる足止めの際に賑わった宿場である。

一日市~藤井まで

山陽道 一日市から藤井までの地図
山陽道 街道碑

街道碑

赤坂集落を抜け、国道2号と接するようにしてすぐ写真左奥へ街道は進む。

山陽道 街道碑

街道碑

バス停浮田校口付近の街道碑。ここの北には、壮年時代、宇喜多直家の拠点となった亀山城(沼城)跡がある。

r

街道碑

旧山陽道と記された街道碑。

山陽道 安国寺経塔

安国寺経塔

経塔(写真左)・安国寺経塔の由来の石碑(写真左)がある。

山陽道 総社八幡宮

総社八幡宮

説明板(写真左)によれば、藤井は、西国大名が岡山城下通過後、最初に休泊する地として賑わった。

山陽道 藤井の町並み

藤井の町並み

岡山市藤井の町並み。

戦国時代後期、宇喜田秀家により古都宿に替えて、藤井が宿場町となった。

山陽道 藤井の町並み

藤井の町並み

近くに東本陣、西本陣がある。

藤井~高島駅周辺まで

山陽道 藤井から高島駅周辺までの地図
山陽道 岡山長岡郵便局

岡山長岡郵便局

岡山長岡郵便局(JR東岡山の南250m)の横(北)を通る山陽道。ポストの横に道標(写真右)がある。

山陽道 三石一里塚跡

道標

郵便局傍の道標には、

岡山・玉島道 と書かれている。

~岡山まで

山陽道 高島駅周辺から岡山までの地図
山陽道 惣門前

惣門前

説明板によると、天正元年(1573)、宇喜多直家が岡山城下町の入口として惣門番所を設けた跡だとか。

山陽道 勲橋

勲橋

御成川に架かる勲橋。

橋の傍には稲荷神社がある。

山陽道 廣栄堂

廣栄堂

岡山電気軌道東山本線の中納言駅の近くに、幕末から続く菓子屋廣栄堂(写真左)がある。

山陽道 小橋

小橋

旭川に小橋・中橋・京橋と橋が架かる。

山陽道 栴檀木稲荷

栴檀木稲荷

中橋のたもとに栴檀木稲荷がある。

山陽道 里程標

里程標

岡山縣里程元標
藤井貳里壹町五拾八間壹尺 と刻まれている。

山陽道 京橋

京橋

交番(写真右)の奥に道路元標(写真右奥)がある。

山陽道 道路元標

道路元標

旭川にかかる、京橋西詰めにある道路元標(写真中央下)。

山陽道 迷子の道標

迷子の道標

たつぬる方
志らする方 と刻まれた道標。面白い趣向である。

山陽道 京橋最初の橋脚

京橋最初の橋脚

旭川沿いは、きれいに整備されている。写真左に京橋最初の橋脚がある。

山陽道 智明権現

智明権現

わかりにくい長い地下道を上がると、智明権現がある。