山陽道 十二日目の街道歩き旅 [西条~広島編]

西条駅~大山峠まで

山陽道 西条駅~大山峠までの地図
時友橋

時友橋

時友橋を渡る。田園風景がのどかである。

飢坂

飢坂

JR西条駅と八本松駅のほぼ中間にある「飢坂[かつえざか]」。白い案内板[写真右]が見える。

飢坂案内板

飢坂案内板

飢坂の由来が書いてある案内板。空腹で倒れたとか。飢饉に苦しんだとかの由来があるそうだ。

道中の風景

道中の風景

線路を渡り街道は西南西へ向かって進んでいく。

大山峠

大山峠

文化庁により「歴史の道」に選定された大山[おおやま]峠。古代からの難所でした。

大山峠説明板

大山峠説明板

東広島市では、ライオンズクラブや郷土史研究会による石碑・案内板が数多くありうれしい限りです。

街道碑

街道碑

説明板の傍にある街道碑。

広島郷土史研究会が建てたものらしい。

大山清水の碑

大山清水

大山清水の碑[写真右]がある。

傍に「瀬野川支流大元谷川源流」と書かれた木柱[写真左]が立っている。

大山峠~瀬野駅周辺まで

山陽道 大山峠から瀬野駅周辺までの地図
郡境碑

郡境碑

古道らしい雰囲気たっぷりです。「郡境碑」[写真左]があり、ここを越えると安芸[あき]郡、つまり広島市に入ります。

郡境碑

郡境碑

郡境碑の拡大写真。

「旧山陽道賀茂安芸郡境」と刻まれている。

瀬野馬子唄発祥の地大山峠入口

大山峠入口

看板があり、瀬野馬子唄発祥の地大山峠入口とある。

瀬野の三里とエー 大山の峠[たお]とヨー 大須[おおず]なわてがなけにやエー

瀬野の馬さはエー 金つき馬でヨー 夜[ばん]になってもせいをだす

瀬野の馬はエー 一石五斗のヨー 米をふり分け馬の背に

写真手前に代官おろし跡の碑がある。

凉木の一里塚跡碑

凉木の一里塚跡碑

山陽道は瀬野川沿いに進み、凉木の一里塚跡碑[写真右]が見えてくる。

一貫田の道標

一貫田の道標

一貫田の道標[写真右]。

「右海田市[かいたいち]広島」とあるので、直進[写真中央奥へ]する。

西へ2k進むとJR瀬野駅。

瀬野駅周辺~海田市駅まで

山陽道 瀬野駅周辺から海田市駅までの地図
安芸山陽道の看板

安芸山陽道の看板

このような看板を多く見かける。要所に建ててあり非常にありがたい。

鳥上の一里塚跡碑

鳥上の一里塚跡碑

鳥上の一里塚[写真右]。

もう少しでJR安芸中野駅が見えてくる。

鳥上の一里塚跡碑

鳥上の一里塚跡碑

拡大写真。

出迎えの松

出迎えの松

JR安芸中野駅のすぐ南に続く「出迎えの松」。ここで藩士が殿を迎えた。

街道は海田市[写真右奥]へ向かう。

出迎えの松碑と案内板

碑と案内板

旧山陽道中野砂走り出迎えの松碑[写真右]と案内板[写真左]が並ぶ。

出迎えの松は、広島市指定史跡。

旧山陽道蓮華寺登口跡碑 砂走橋の碑

蓮華寺登山口跡

旧山陽道蓮華寺登口跡碑[写真左]と古い砂走橋の碑[写真左]がある。

海田市宿の風景

道中の景色

海田市宿の風景。

海田市宿本陣周辺

海田市宿本陣周辺

海田市[かいたいち]宿本陣付近の町並み。

海田市駅周辺~広島駅まで

山陽道 海田市駅周辺から広島駅までの地図
海田市一里塚跡

海田市一里塚跡

本陣から北西へ約500m進むと、海田市の一里塚跡[写真右]がある。

南へ250m行くとJR海田市駅。

海田市一里塚跡と清正寺

日蓮宗清正寺

海田市一里塚跡[写真中央]と清正寺[写真右]がある。

船越峠

船越峠

船越峠。

ここを越えると府中町に入る。

石の上に地図

案内地図

石の上に地図がある。

面白い趣向である。

府中大橋

府中大橋

山陽道は府中大川にかかる府中大橋をわたり西進する。

JR芸備線周辺

JR芸備線周辺

JR芸備線[写真右中央]を越えて振り返ったところ。

「二葉の里歴史の散歩道」の説明板[写真左]があり、興味をそそられます。

二葉の里歴史の散歩道の説明板

二葉の里 説明板

二葉の里歴史の散歩道の拡大写真。

才蔵寺と我羅我羅橋がみどころらしい。

三本松

三本松

東区尾長西にある三本松。

バス停の名前として残っている。

我羅我羅橋

我羅我羅橋

我羅我羅[がらがら]橋の案内板。名前の由来は、がら竹とという小竹を束にして作った竹橋だったとか、橋を渡るときガラガラ音がしたためとか。

広島電鉄

広島電鉄

広島電鉄が通っています。ここを右折(北)すると200mでJR広島駅。