美濃路/ みのじ

美濃路のルート

東海道~【熱田】―【名古屋】―【清州(清須)】―【稲葉】―【萩原】―【起】―【墨俣】―【大垣】―【垂井】~中山道
以上七宿、全長57km

美濃路について

重要な脇街道

宮(熱田)から垂井まで、東海道から中山道をつなぐ重要路だった。江戸時代の五街道と同じく幕府の支配下に置かれた。

吉例街道

関ヶ原の役に戦勝した徳川家康が凱旋したルート(1600年)である。
以後、吉例街道と呼ばれ江戸から京都間の往来に盛んに利用された。北陸や西国の大名行列(参勤交代)、朝鮮通信使、琉球使節や宇治の御茶壷の行列などに利用された。

濃尾の大平野を縦断する道

木曽、長良、揖斐の大河が横たわる平野を縦断する。「七里の渡し」の海路より距離は2里余長いが、陸路の方が安定性があったので、京や江戸への往来に利用する旅人は多かった。

美濃路街道歩き旅アドバイス

胸躍る峠道や山道がなく、ひたすら平坦な道である。健脚派には物足りない位だ。JRあり名鉄(尾西線・竹鼻線)ありと、交通の便も良い。ただ、愛知・岐阜県境はやや不便。濃尾大橋(1.4km)も歩くしかないが、車道と分離している。歩き旅としては盛り上がりに欠けるので、周辺のスポットへの寄り道をお勧めしたい。

今回の歩き旅は、短距離であるにも拘わらず、一気呵成に歩いた訳ではない。移り気な性格のせいであろう。従って部分的に撮影時期が大きくズレる箇所がある。その点、街道の景観には大なり小なりの変化があることをご了承願いたい。

美濃路街道歩きコースプラン

地図

  コース 見どころ、ハイライトなど
1 宮(熱田)~大須 熱田神宮、大須観音、大道町人祭
2 名古屋城周辺 名古屋城、白壁町、四間道
3 枇杷島~清洲 西枇杷島まつり、清洲城、清洲宿本陣
4 北市場~高木 稲葉宿町並み
5 国府宮の裸祭 大鏡餅奉納、儺追(なおい)神事
6 萩原宿~起宿 チンドン祭、冨田一里塚、起宿脇本陣跡(資料館)
7 羽島~墨俣~大垣 竹鼻の祭、一夜城跡、結神社
8 大垣の散策 四季の道(水門川遊歩道)、奥の細道結びの地、大垣城
9 大垣祭り 11輌の山車巡行
10 大垣~垂井宿 久徳の一里塚、松並木、垂井の泉
11 垂井曳軕祭り 子供歌舞伎