長崎街道 二日目の街道歩き旅 [内野宿~原田宿編]

内野宿周辺~冷水峠越え

長崎街道 内野宿周辺~冷水峠越えまでの地図
長崎街道 内野宿の東構口跡

内野宿の東構口跡

JR筑豊線・筑前内野駅の近くに内野宿の東構口跡がある。

ケンペルの紀行文によれば、「内野の若い娘たちは驚くほどの美人であった」と記している。残念ながら美人どころか冷水峠に着くまで誰にも会わなかった。

長崎街道 人馬継所跡付近の三叉路

人馬継所跡

人馬継所跡付近の三叉路。

質屋を営んでいた小倉屋[写真左]が先に見える。

長崎街道 エビス像と道標

エビス像と道標

内野宿のほぼ中央にエビス像と道標が建つ。

「大宰府天満宮米山越道」とある。

ここを西へ[写真左奥]向かうと米ノ山峠を経て大宰府(九州行政の中心機関)へ通じた。

長崎街道 旧旅籠 肥前屋

旧旅籠 肥前屋

旧旅籠「肥前屋」は「山村留学ふれあい館」として町内のこどもや地域の人々にパソコン教室を開いている。

長崎街道 旧脇本陣 長崎屋

旧脇本陣 長崎屋

旧脇本陣の「長崎屋」は、市の所有で「友遊館」として一般公開している。

長崎街道 内野宿風景

内野宿風景

この辺りで内野宿の町並みともお別れである。

長崎街道 大根地神社上口

大根地神社登り口

R200号とわかれて大根地神社の登り口[写真中央]へと進む。右上は有料の冷水道路が走る。

長崎街道 JR筑豊線

JR筑豊線

JR筑豊線[写真中央]が、ほぼ街道に沿って走る。

冷水峠への道中

冷水峠への道中

冷水峠へ向かい徐々に勾配が急になる。

長崎街道 冷水峠

冷水峠

シーボルトは峠の急坂を「よじ登る」と称したが、それは峠の反対側(西側)なんだろうか。

長崎街道初めての峠で気合が入っていたからか、それ程のことはなかった。

長崎街道 冷水峠道中

冷水峠道中

周辺に何者かが潜んでいるような、しかし全くの静寂の世界。

早くここを通り抜けたいという気持ちが湧いてくる。陰うつな峠道である。

長崎街道 首なし地蔵が祀られている地蔵堂

地蔵堂

峠の途中にある地蔵堂。首なし地蔵が祀られている。

ここは旅人の休息地であった。

あと冷水峠頂上まで登り20分程である。

長崎街道 冷水峠の由来

冷水峠の由来

地蔵堂の横を流れる小川[写真左]が峠の名前(冷水峠)の由来となった。

冷たい水が流れる。

長崎街道 大根地神社鳥居

大根地神社鳥居

峠の頂上に鎮座する大根地神社の鳥居。

ここまで、峠道では人影は勿論、動物の姿すら見えなかったが、ここで神社に参拝する中年男性に出会った。

長崎街道 郡境石

郡境石

鳥居前には

「従是西御笠郡」という郡境石[写真右から3つ目]など3基の石柱が建つ。

街道は、ここを西へ[写真左奥へ]進む。

長崎街道 九州自然歩道

九州自然歩道

大根地神社の参道を下ってきた所。この付近は「九州自然歩道」でもある。

鍋峠~原田宿まで

長崎街道 鍋峠~原口宿
長崎街道 山家宿中茶屋跡

山家宿中茶屋跡

4k以上もR200号を歩いて山家宿に到着した。迂回路とか歩道がなく(見つけられなかったのかも)トラックの往来激しく危険を感じた。ここ山家宿中茶屋跡[写真右に碑]の隣に、恵比須石神がある。

長崎街道 御茶屋(本陣)跡

御茶屋(本陣)跡

下代(代官の下に付く役人)屋敷跡[写真正面]の向かいに御茶屋(本陣)跡がある。

長崎街道 西構口跡

西構口跡

山家宿初代々官・桐山丹波遺跡。

右隣に、西構口跡の説明石板が建つ。

長崎街道 薩摩街道追分け

薩摩街道追分け

薩摩街道(門司~小倉~福岡~久留米~熊本~鹿児島)との追分け(分岐点)に番所があった。

長崎街道は、ここを右折[写真中央奥へ]する。

長崎街道 敬止義塾跡

敬止義塾跡

明治11年、杉山三郎平(水戸学派)が開いた「敬止義塾」跡。塾生は20~30人。教科は日本外史、十八史略など。明治23年閉塾した。

長崎街道 筑紫神社

筑紫神社

筑紫[ちくし]神社。ここから筑紫の名が生まれた。

「日本の尽くるところ」の意で、古くは九州全般のち九州北部(筑前・筑後)を指すようなった。

長崎街道 筑紫神社の鳥居

筑紫神社の鳥居

筑紫神社の南側の鳥居。

この手前に原田[はるた]宿の北構口が設置されていた。

長崎街道 筑前六宿の南端・原田宿

西構口跡

筑前六宿の南端・原田宿の町並み。

平成11年にポール、説明板を設置するなど、旧道を整備した。

長崎街道 「原田宿」碑

「原田宿」碑

現代の説明板の傍に「原田宿」碑が並んで建つ。

国境の宿場でもあり、番所も置かれた。

長崎街道歩き3 佐賀宿 へ