道東・岬と花の霧街道/
どうとう・みさきとはなのきりかいどう

道東・岬と花の霧街道の別名

北太平洋シーサイドライン(道道123号→142号)

道東・岬と花の霧街道のルート

(釧路)-(厚岸町)-(琵琶瀬)-(浜中)-(厚床)-(落石)-(花咲)-(根室)-(納沙布岬)

道東・岬と花の霧街道について

厚床(あっけし)道立自然公園を通過する道

厚床道立自然公園 釧路町、厚岸町、浜中町の3町にまたがる魅力的な公園である。
特に霧多布湿原は、国内最大級の広さを誇り、春から秋まで様々な花が咲き「花の湿原」と呼ばれる。周辺は海の幸にも恵まれる。ただ、観光上の難点は、霧が発生しやすいこと。特に夏季は多い。

道東・岬と花の霧街道歩き旅アドバイス

この道はドライブウェイであり、いわゆる「街道」ではない。
だから自然歩道としては、適していない。ポイントを定めて、部分的に歩くのが妥当である。前述の公園内には、木道、遊歩道が整備されている。

マイカー以外ならバスを有効に利用すること(くしろバス、根室交通バス)。JR花咲線と同じく、バスの便数はかなり少ないので要注意。霧多布岬へはレンタルサイクルを利用した方が効率的だ。

道東・岬と花の霧街道歩きコースプラン

  コース 見どころ、ハイライトなど
1 釧路の散策 幣舞橋、港文館、啄木の歌碑
2 厚岸~琵琶瀬 正行寺、国泰寺、霧多布湿原
3 湯湧岬~アゼチ岬 湯湧岬灯台、松浦武四郎の歌碑
4 根室の散策 ときわ台公園、明治公園
5 納沙布岬 北方館、四島のかけ橋