羽州街道 五日目の街道歩き旅 [及位~金山~新庄編]

及位~主寝坂峠~塩根峠

羽州街道 及位~主寝坂峠までの地図
羽州街道 主寝坂峠~塩根峠までの地図

塩根峠~金山

羽州街道 湯沢~上湯沢駅周辺までの地図
きごころ橋

きごころ橋

きごころ橋からスタートする。ユニークな屋根付き歩道橋である。

金山杉

金山杉

製材の町・金山らしく金山杉が、ふんだんに使われている。自然と景観にマッチしている。

金山川

金山川

金山は羽州街道の宿駅として重要な町だった。金山川が西流する。

めがね堰

めがね堰

きごころ橋から約100m進むとめがね堰[せき]。

鯉が放流されている。

長屋門

長屋門

白壁の蔵が左右にある通り。正面には長屋門が見える。

旧金山城大手門

旧金山城大手門

江戸初期の旧金山城の大手門が移築されている。

切妻屋根

切妻屋根

切妻屋根に白壁の蔵。

吹張一里塚

大堰

人気スポットの大堰[おおぜき]。この農業用水路には錦鯉など約250匹が放流されている。

大堰

大堰

のんびりと鯉を眺めている人もいる。

町民の憩いの場所だ。

大堰

大堰

大堰の近くには蔵を利用したギャラリーもある。

イザベラ・バードの記念碑

イザベラ・バードの記念碑

金山小学校の脇には、前述のイザベラ・バードの記念碑が建つ。細かい字で日本奥地紀行の一節が紹介されている。

金山の人々にとっては誇らしい表現。ロマンチックな雰囲気の場所。

金山

金山

美しい景観の町・金山ともお別れ。

金山方面をふり返る。

金山~上台峠

羽州街道 金山~上台峠までの地図
R13号分岐

R13号分岐

これよりR13号(写真右)と別れ上台峠に向かう。

明治天皇の碑

明治天皇の碑

上台には明治天皇の碑(写真左)が、まるで隠れるかのように建つ。

上台峠

上台峠

古道の雰囲気が漂う上台峠[うわだいとうげ]。

初代県令(知事)三島通庸により馬車が通行できる新道が開かれた(1880)。

上台峠

上台峠

峠からは非常に美しい風変わりな盆地(イザベラ・バード)が見える。

ピラミッド型の山々も印象的だ。

案内標識

案内標識

手製の案内標識が建つ。

R13号合流

R13号合流

この辺りで峠道も終り、やがてR13号に合流する。

上台峠~新庄へ向かう道中

羽州街道 上台峠~新庄へ向かう道中の地図
羽州街道 湯沢~上湯沢駅周辺までの地図

新庄

羽州街道 新庄へ向かう道中の地図
新庄まつり

新庄城跡

江戸時代、戸沢氏6,8万石の新庄城跡。

新庄城跡

最上公園

城跡は現在、古木に囲まれた最上公園になっている。

最上公園

鳥越一里塚

ブナの木(写真中央)の傍に鳥越一里塚説明板。

右には新庄城下・南入口の碑が建つ。

鳥越一里塚

柳の清水跡

前述の鳥越一里塚の近くには柳の清水跡があり芭蕉句碑(写真右)も建つ。

柳の清水跡

芭蕉句碑

氷室の句碑。

水の奥、氷室尋ぬる柳かな

新庄まつり

新庄まつり

8月下旬の新庄まつりは勇壮にして華麗な祭りらしい。

機会があれば再訪してみたいものだ(新庄駅構内の展示品)。