街道歩きの旅 > 九州地方 > 豊後街道

豊後街道/ぶんごかいどう

豊後街道 概略地図

街道のルート

(熊本)―(大津)―(内牧[うちのまき])―(坂梨[さかなし])―(久住[くじゅう])―(境)―(今市)―(野津原)―(府内=大分市)―(鶴崎)
全長31里(122km)。旅程の目印として街道には1〜31里木が植えられた。
これは現在も、いくつか地名として残る。

別名

大津[おおづ]街道、鶴崎筋、清正公道

築城の名人・加藤清正が造成・整備した街道

清正は肥後入国(1588)に、この道を通行した。その後、彼は幕府に願い出てキリシタンの多い天草を返上し久住・野津原・豊後鶴崎との交換を許された。そして、これらを結ぶ道を大名行列が通れる程に整備した。彼は今も清正公(セイショコ)さんと敬愛され、この街道の別名にもなっている。

九州を東西に横断し、熊本と畿内・江戸を最短距離で結ぶ参勤交代道

西国の雄藩・熊本藩主の加藤家、細川家が参勤交代に利用した。鶴崎からは大船(藩の御座船・波奈之[なみなし]丸)で大坂へ。あとは東海道を約40〜50日歩いた。帰国時は、主に豊前街道を利用している。

雄大な阿蘇・久住の山々の景観、絶景パノラマが楽しめる街道

阿蘇山麓を横断するため峠や坂道が多い難路である。健脚派には、こたえられないコース。とくに歴史の道二重[ふたえ]峠は好感度抜群の見所、歩き所である。延々と続く、つづら折りの急坂の末に現れる大自然の眺望は胸を打つ。しばし忘我の境地。

頼山陽[らいさんよう](1780〜1832)が竹田[たけた]の親友を訪ねるため、熊本から通った道

安芸(広島県)出身の儒学者・詩人・歴史家。のちに日本外史を著わした(1827)頼山陽は1818年に九州を約11ヵ月遊歴している。長崎、薩摩を回ったあと熊本から滝室坂を越え竹田に向かった。田能村竹田[たのむらちくでん]との交歓は心地よかったらしく6泊もしている。外には高山彦九郎吉田松陰伊能忠敬坂本龍馬勝海舟らもこの街道を歩いている。

豊後街道歩きコースプラン

今回の歩き旅

はじめに竹田を訪れた。豊後街道筋ではないが(久住宿から分岐する道を南東へ約10km)、頼山陽が長逗留し、瀧廉太郎ゆかりの城下町豊後の小京都は外せない。あと豊後街道へはJR波野[なみの]駅からアクセスした。

アドバイス

夏の歩き旅なら、阿蘇神社の御田祭り(7月28日)の見学を組み入れると、より感動的に旅になるであろう。ただ、火の国の夏は猛烈に熱いので要注意。体力に自信はないが、二重峠へ行きたいと思う人は、JR赤水駅からタクシーを利用するとよい。頂上付近に車道が通じている。駅から約4kmくらい。

JR肥後大津駅周辺にはホテル、旅館が数軒ある。それに熊本駅へもJRで約40分。途中の水前寺駅周辺にもホテル、旅館が多いので翌日のスケジュールを考慮して決めるとよい。

コース

  コース ハイライト・見所
1 豊後竹田市内散策 岡城、瀧廉太郎資料館
2 JR波野駅〜滝室坂〜JR宮地駅 滝室坂、阿蘇神社「御田祭り」
3 坂下〜二重峠〜JR肥後大津駅 清正公道、二重峠

▲TOPへ


Sponsored Link

歩いた街道

北海道の街道

  1. 福山街道