青梅街道 三日目の街道歩き旅 [熊沢山~小菅~余沢 編]

熊沢山~榧ノ尾山まで

青梅街道 熊沢山~榧ノ尾山まで

までの地図
熊沢山

熊沢山

ここまで介山荘から約20分かかる。

熊沢山

熊沢山

この熊沢山からの展望。右に上日川ダムが見える。

石丸峠

石丸峠

標高1,900m。付近の草原が素晴らしい。

石丸峠

石丸峠

この峠は旧菩薩峠だった。峠名は面白い伝説をもつ石マラ様に由来する。

石丸峠

石丸峠

右へ行けば上日川峠に戻れるが、ここは中央奥へと進む。

分岐点

分岐点

右上へは小金沢山(2,014m)。牛の寝通りは左である。こちらへ行く人は、ほとんど見かけない。

牛の寝通り

牛の寝通り

平坦で実に明るい尾根道だ。

牛の寝通り

牛の寝通り

尾根道は谷筋のように水害もなく昔からよく利用されたのである。

牛の寝通り

牛の寝通り

松姫峠の指標が建つ。

この峠は武田信玄の六女(松姫)の逃避行伝説のある峠だ。

牛の寝通り

牛の寝通り

松姫がここを通り(?)八王子に落ち延びたのは1582年春のこと。兄武田勝頼が天目山の戦で敗死した年である。

牛の寝通り

牛の寝通り

牛が寝ている背を歩くようで、ほとんど平坦な尾根道は「牛の寝通り」と呼ばれる。

牛の寝通り

牛の寝通り

展望のよい所に指標が見える。

牛の寝通り

牛の寝通り

先程と同じ内容だが、こちらは少し破損している。

榧ノ尾山

榧ノ尾山

榧ノ尾[かやのお]山。展望に優れた所で、奥秩父の山々などが望める。

榧ノ尾山

榧ノ尾山

標高1,429mである。

牛の寝通り

牛の寝通り

この通り、ほぼ平坦な道が続く。

牛の寝通り~小菅まで

青梅街道 牛の寝通り~小菅までまでの地図
牛の寝通り

牛の寝通り

珍しく軽装の青年にすれ違った。どうもトレーニングしているようだ。

牛の寝通り

牛の寝通り

石仏(写真左)が迎えてくれた。

牛の寝通り

牛の寝通り

休憩するにはいい所だ。

分岐点

分岐点

大ダワと呼ばれる棚倉小屋跡。

分岐点

分岐点

松姫さまともお別れじゃ。

拙者は左の小菅の湯を目指すぞ。

小菅へ下る

小菅へ下る

ダウンばかりではなく、少しアップもある。

小菅へ下る

小菅へ下る

大マテイ山の西斜面を下っていく。新緑が目に染みる。

モロクボ平

モロクボ平

右に下り小菅[こすげ]の湯を目指す。

小菅~余沢まで

青梅街道 小菅~余沢までの地図
小菅の集落

小菅の集落

ようやく小菅に到着。この橋を渡る。

小菅の集落

小菅の集落

南方の山々を展望する。左端が松姫峠であろうか。

小菅の湯

小菅の湯

村営の温泉施設。宿泊できないが食事処があり休憩ルームもある。物産館を併設している。

余沢の富士講碑

余沢の富士講碑

大きな富士講碑が建つ・「嶽供養塔」とある。

秩父、三峰方面から来た道は一旦、古甲州道と合流するが、やがて白山で分岐する。

余沢の集落

余沢の集落

この付近に、武田氏が設けた余沢番所が置かれていた。