街道歩きの旅 >  九州地方 > 豊前街道 > 二日目の街道歩き旅(山鹿口〜南関編)

豊前街道 二日目の街道歩き旅 [山鹿口〜南関編]

山鹿口〜光行寺周辺

豊前街道 小倉宿〜極楽寺周辺
豊前街道 七里木

七里木

熊本の札の辻から一里毎に里数木(東海道・中山道などの一里塚に匹敵)が植えられていた。主に杉や榎などで街道の目印だった。ここは熊本市から28kmの七里木


豊前街道 道中の風景

道中の風景

豊前街道 山鹿口

山鹿口

R443号を横断すると、ゆるやかな坂道となる。

この山鹿口は、西南戦争(1877)の激戦地だった。

豊前街道 政府軍台場跡

政府軍台場跡

政府軍台場跡の車坂。

この辺りから腹切坂までが歴史の道にセレクトされている。

豊前街道 後藤グラウンド

後藤グラウンド

平坦な道を直進する・

後藤グラウンドはサッカー場らしい。

豊前街道 山鹿

山鹿

田原坂が急を告げたので薩軍は、山鹿を放棄して南下した。

政府軍は逆に、ここを通り山鹿へ向かった(写真左手前へ)

豊前街道 群境碑

郡境碑

郡境碑(写真中央説明板の)を右に見て、ほぼ一直線の街道を進む。

豊前街道 群境碑

郡境碑

郡境碑には、

従是 西北玉名郡とある。

豊前街道 道中の風景

道中の風景

豊前街道 ハゼ並木

ハゼ並木

長野原台地のハゼ並木。

古道の雰囲気が漂う。

真赤なトンネルになるという晩秋でなかったのが残念。

豊前街道 道中の風景

道中の風景

腹切坂はもうすぐである。

豊前街道 薩軍の墓碑

薩軍の墓碑

西南の役薩軍の墓。

豊前街道 腹切坂

腹切坂

ここが腹切坂

ほとんど平坦地だから、石畳はないが心地よく歩ける道だ。

豊前街道 腹切坂案内板

腹切坂案内板

案内板には、腹切坂の説明が記されている。

豊前街道 腹切坂道中

腹切坂道中

整備された広い道が、しばらく続く。

豊前街道 腹切坂入口

腹切坂入口

こちらは腹切坂・西側の入り口。写真手前で再び車道に合流する。

光行寺〜九里木跡

豊前街道 光行寺から九里木跡までの地図
豊前街道 光行寺

光行寺

光行寺(写真左奥)。

藩主が参勤交代の途上や地方見回りのときに休憩した由緒ある寺。

豊前街道 八里木

八里木

八里木(写真右)付近の坂道。

ここから車道と別れ左上へ登っていく。

豊前街道 三叉路

三叉路

やがて三叉路。ここは指示標(写真左)通り、中央奥へ下がっていく。

珍しく地元の人と、すれ違った。

豊前街道 街道碑

街道碑

こういう街道碑がポイントごとに建っているので、道筋を間違えることは、ほとんどない。

豊前街道 街道碑

街道碑

三加和町平野に建つ新しい街道碑。

島津家久公泊(1575)、細川忠利初入国、吉田松陰通過とある。

豊前街道 白坂

白坂

平野橋を渡り、少し進むと白坂[しらさか]。

古道の面影を残す。

豊前街道 街道碑

街道碑

ここにもに街道碑が。

豊前街道 街道の風景

街道の風景

六本松付近の街道。

豊前街道 街道碑

街道碑

いかにも街道らしい雰囲気。

手前が南関方面。

豊前街道 道中の風景

道中の風景

豊前街道 石碑

石碑

やがてコスモスが咲く民家の横を通る。すると向こうに石碑らしきものがが見えてきた。

街道の道筋であることを確信する嬉しい瞬間だ。

豊前街道 九里木

九里木

九里木跡だった。

古びた木柱の傍には、新しく格調高い街道碑が建つ。

これより肥猪[こえい](南関町)に入る。

九里木跡〜追分石周辺

豊前街道 九里木跡から追分石周辺周辺間での地図
豊前街道 道中の風景

道中の風景

肥猪の町並みはもうすぐである。

豊前街道 延命地蔵

延命地蔵

延命地蔵(写真中央)の傍へ、ゆるやかな坂を下ってきた(写真手前へ)。

人影もなく全く静かな街道風景。

豊前街道 肥猪の町並み

肥猪の町並み

一直線になっている肥猪の町並み。

藩政時代はかなり賑やかだったが、今はひっそりとしている。

豊前街道 肥猪の町並み

肥猪の町並み

立派な街道碑が建つ肥猪の町並み。

豊前街道 政府軍墓地

政府軍墓地

肥猪の政府軍墓地。

戦死者180名が葬られている。

豊前街道 街道碑

街道碑

迷いやすい所に例の街道碑(写真左)。これは助かります。

中央のトラックはR443号を山鹿方面に向かっている。

豊前街道 道中

道中

九州自動車道(写真中央 バスが走る)のガード下をくぐると、ここに出る。

右折して中央奥へ進む。

豊前街道 十里木跡碑

十里木跡碑

つい最近建てられた十里木跡碑。

本日のスタート地点が七里木だったから、3里(約12km)歩いたことになる。

豊前街道 追分石

追分石

南関手前にある追分石(道標)。

古びて読みづらい。

右 たかせ(高瀬=今の玉名)道

左 やまが道

歩いた街道

北海道の街道

  1. 福山街道