京街道/きょうかいどう

京街道 概略地図

京街道とは

大坂(京橋口)―守口―枚方―淀―伏見―(大津)を結ぶ街道。

江戸時代は高麗橋までの道のりであった

京街道の意義

淀川

街道に並行して流れる淀川の舟運により、人や物資の移動は活発であった。

大坂から京へは歩くが、京から三十石船で下る(半日で)人が多かった。伏見を夜半に出ると翌日早朝に着いた。枚方は京街道中の大宿場であり、淀川水運の中継地であった。なお大坂での上陸地は八軒家である。

街道の別名

大坂街道、伏見道、河内海道とよばれている。

コースガイド

道標と街道碑

計画

周辺情報

  • 月桂冠大倉記念館
  • 造幣局
  • 永田屋本店
  • 寺田屋