土佐北街道/とさきたかいどう

土佐北街道のルート

<松山街道>(高知)-(布師田)-(国分)-(領石)-(穴内)-(本山)-(川口)-(立川)<笹ヶ峰峠>(馬立)-(新宮)-(上分)-(川之江)<讃岐街道>

大半は現在の県道32号線

別名

土佐街道、立川街道、北山越

土佐北街道の歴史

平安時代の官道(太政官道)

川之江から四国山地を超える北山越えの官道となる(797年)。それまで土佐への南海道は伊予の西部を南下していたので、かなりの長距離で不便だった。この改定により距離は大きく短縮した。

紀貫之、土佐の国司赴任(930年)の道

任期を終え土佐から京都に帰るまでの紀行(「土佐日記」)は有名。

戦国大名長宗我部元親の軍用道路

街道沿い近くの岡豊城跡(97m平山城)に生誕した元親は全四国を制覇(1584)。城跡に歴史民俗資料館が建つ。

土佐藩の参勤交代道(江戸時代)

はじめは海路(浦戸~大坂)を取っていたが、暴風による難航に困り、北山越えに変更された(1718年)。江戸までは30~40日かかる大旅行で、多い時には約2,000人もの家臣が随行したという。

土佐北街道歩き旅

この街道の圧巻は笹ヶ峰峠越え(下記コースプラン⑤)であり、これは文化庁の「歴史の道」にも選定されている。尚、国見越え(本山町南端)にも食指が動いたが、適切な宿泊所がなく断念した。

アドバイス

JR伊予三島から新宮へは「せとうちバス」が運行しており、街道筋の上分、金田、平山に停留所がある。また大豊町の町民バス(立川~JR大杉)も利用可能だが、いずれも便数が少ない。

土佐北街道歩きコースプラン

コース

  コース 見どころ、ハイライトなど
1 JR川之江~上分 陣屋跡、槍下げの松
2 金田~平山 金田の町並
3 平山~堀切 島屋跡、廻国供養塔、山内公歌碑
4 新宮~下り付 霧の森、馬立本陣
5 笹ヶ峰峠越え 腹包丁、笠取峠、笹ヶ峰峠
6 立川~大杉橋 立川番所跡、柳瀬の渡し
7 本村~本山 山下家の門
8 領石~高知 紀貫之邸跡、岡豊山歴史公園