街道歩きの旅 > 九州地方 > 日向街道

日向街道/ひゅうがかいどう

日向とは宮崎県と鹿児島の一部を占める旧国名である「この国はの出ずる方にけり」の意のようだ。

日向街道のルート

小倉→大橋(現行橋)→中津→[@豊後高田→杵築[きつき]ー立石] [A四日市→宇佐]→日出[ひじ]→別府→府内(現大分)→臼杵→延岡→美々津[みみつ]→高鍋→佐土原[さどわら]→宮崎→鹿児島
JR日豊本線やR10号と並行する(国道とは部分的に重なる)。

日向街道の別名

中津街道、豊前街道、日向筋(薩摩藩の東目筋)

日向街道の歴史

鎌倉時代

時宗の開祖一遍上人が伊予から上陸し、九州を遊行(布教)している。別府には上人が浜、上人湯、上人町などの名が残る。

室町時代

フランシスコ=ザビエル(1506〜52)は鹿児島上陸後、平戸、京都、山口に布教。その後、豊後の領主大友宗麟(義鎮)の招きを受け山口から大分に向かった(1551)。その時のルートが西鹿鳴越[かなごえ](杵築市山香町〜日出町)で戦国時代の日向街道である。明治になり新しい道路が開かれ鹿鳴越はすたれたが、今はハイカーに利用されている。

安土桃山時代

豊臣秀吉の九州攻めの折、弟秀長日向街道沿いに進行した(1587年)。小倉、宇佐、高崎、府内。鶴賀、県[あがた](現延岡)、美々津、佐土原と南下した。

江戸時代

貝原益軒 史跡調査(公用)のため別府から海路で府内に入り(1674)「豊国紀行」を著す。
古川古松軒 健脚の地理学者。山陽から九州に入り東海岸を南下(1783)、「西遊雑紀」を著す。
菱屋平七 名古屋の豪商。小倉から歩き(1802)宇佐神宮を参詣する。
久留米、長崎、博多などをまわり「筑紫紀行」を著す。
伊能忠敬 街道歩きには、よく登場する人物。
第七次測量(1809)のため小倉から九州東岸を測量した。
頼山陽 九州遊歴(1818)は数ヶ月に及んだ。
そのたびの終わりに日田から中津へ出、海路で下関に向かう。

明治時代

西郷軍の敗走 西南戦争(1877)の西郷軍は熊本撤退後、高崎・高鍋・美々津・延岡と敗走を続け、最終的に城山(鹿児島)たどり着く。
夏目漱石 熊本赴任中の頃(1899)、鳥栖から博多に出て小倉に宿泊。あと豊州鉄道(日豊本線の前身)の終点、柳ヶ浦で下車。歩いて宇佐神宮に参詣している。その後、耶馬渓、日出などをまわり熊本に戻った。
田山花袋 かなりの健脚[秋田街道参照]。中津、宇佐、亀川温泉、別府、宮崎、霧島、鹿児島などをまわる。約1カ月にわたり九州を旅行した(1908)。

昭和初期

種田山頭火 西日本の街道歩きにはよく登場する漂泊の俳人。山口県出身であるが、熊本を生活の拠点にしていた関係で、九州各地をかなり歩いている。1929年には熊本から中津、四日市、宇佐、杵築、別府、臼杵などを行脚。翌年は佐土原、美々津、延岡、耶馬渓、中津、行橋、小倉などを行脚している。

日向街道歩きコースプラン

今回の日向街道歩き旅

美々津以南の歩き旅は何となく食指が動かずはしょる。街道筋ではないが、特別に奇祭・銀鏡神楽[しろみかぐら]を加えた。

日向街道歩きのアドバイス

国東[くにさき]半島は魅力的な地であるが、マイカーは別として歩き旅には不便である。豊後高田市街から奈良ボンネットバスが運行している。但し、不定期で回数が少ないのが難点。せめて熊野磨崖仏だけでもという人にはJR中山香駅からが近い。平坦な道ではないが、約5kmの距離。駅にはタクシーがある。

コース

  コース ハイライト・見所
1 門司港、小倉 門司港レトロ、小倉城
2 苅田町与原〜行橋、中津 旧飴屋門、中津城
3 宇佐神宮周辺 本殿、南楼門、西大門、呉橋
4 豊後高田 昭和の街
5 中山香〜田染 熊野磨崖仏
6 杵築の散策 杵築城、武家屋敷、坂道ウォ―ク
7 西鹿鳴越〜豊後豊岡 ザビエルの通った道
8 亀川〜東別府 竹瓦温泉
9 大分市街、中戸次 府内城、中戸次の町並み
10 臼杵、延岡、日向市 臼杵石仏、仁王座歴史の道
11 美々津、西都市東米良 美々津の町並み、銀鏡神楽

▲TOPへ


Sponsored Link

歩いた街道

北海道の街道

  1. 福山街道