日向街道 十日目の街道歩き旅 [臼杵、延岡、日向市編]

臼杵、延岡、日向市

日向街道 臼杵~臼杵石仏の地図
ホキ石仏第2群

ホキ石仏第2群

臼杵石仏は60余体のうち59体が1995年国宝に指定された。大きく4群に分かれて所在する。
先ずはホキ石仏第2群から(撮影は1994年)。

阿弥陀三尊像

阿弥陀三尊像

ホキ石仏第2群の阿弥陀三尊像(左)。見事な磨崖仏である。平安時代後期から鎌倉時代初期に彫られたようだ。

如来像

覆い堂

正面の建物が山王山石仏の覆い堂。

覆い堂

如来像

三体の如来像で構成されている。仏像の顔は輪郭が丸く、童顔そのもの。

大日如来像

大日如来像

古園石仏の中尊である大日如来像。半眼のまなざしが印象的だ。

大日如来像

大日如来像

頬はふっくらで、頭部や唇に彩色をほどこしてある。

大日如来像

大日如来像

大日如来の仏頭が復位されたのが1993年。その2年後、これらの石仏群は国宝に指定された。(59体)。磨崖仏としては全国初のことであった。

大日如来像

大日如来像

これは大日如来のレプリカ。

大日如来像

大日如来像

現在は臼杵駅前の方に移設されたようだ。

野上弥生子文学記念館

野上弥生子文学記念館

臼杵の町並みの中にある野上弥生子文学記念館。

野上弥生子文学記念館

野上弥生子文学記念館

野上弥生子(1885~1985)はここ臼杵の酒造家に生まれた女流作家。生家の一部を記念館として公開。

野上弥生子文学記念館

野上弥生子文学記念館

同氏は99才まで旺盛な創作活動を続けた。記念館には直筆原稿など約200点を展示している。

龍原寺三十塔

龍原寺三十塔

龍原寺三十塔。聖徳太子を祀る塔(1858建)。

二王座歴史の道

「二王座歴史の道」はゆっくりと散策するのに最適だ。寺院や武家屋敷が数多く残る。

延岡

日向街道 延岡の地図
牧水の歌碑

牧水の歌碑

若山牧水(1885~1928)ゆかりの地、延岡にやって来た牧水は小・中学校(現、延岡高校)時代、延岡で過ごしている。延岡駅前には牧水の歌碑が建つ。「ふるさとに帰りきてまづ聞くはかの城山の時告ぐる鐘」

若山牧水

若山牧水

若山牧水のイメージ。着物姿で中折帽子をかぶり手には傘を持つ。若い時には一日約1升、酒を浴びるように飲んだ。これが死期を早めたといえる(肝硬変)。

若山牧水

若山牧水

まさに旅と酒を愛した国民的歌人だった。

暮坂峠

暮坂峠

[参考写真]
群馬県北西の暮坂峠。37才の頃、牧水が徒歩で越えた標高1,086mの峠である。

マント姿の牧水像

マント姿の牧水像

[参考写真]
この暮坂峠には、マント姿の牧水像と大きな詩碑「枯野の旅」が建つ。

日向市

日向街道 日向市の地図
日向市駅前交流広場

日向市駅前交流広場

日向市駅前交流広場にやって来た。オープンしだばかりの新しい公園である。

歌碑

歌碑

お目当ては、この歌碑。これは旧駅ホームに建立されていたが、ここに移設された(2009年)。

歌碑

歌碑

「幾山河越えさり行かば寂しさのはてなむ国ぞけふ(今日)も旅ゆく」
早大英文科学生だった牧水が夏休み(1906年)宮崎への帰省の途欠、中国地方を歩いた時の歌で、二本松峠(岡山・広島県境)にも同文の歌碑がある。