街道歩きの旅 > 近畿地方 > 和歌山街道 > 六日目の街道歩き旅(赤桶〜粥見〜丹生)

和歌山街道 六日目の街道歩き旅 [赤桶〜粥見〜丹生編]

赤桶

和歌山街道 赤桶の地図
赤桶

赤桶

あこう。
櫛田川(写真右)沿いに古道(和歌山街道)が続く。

礫石

礫石

つぶていし。
何気ない岩が川の中に見える。実はこれが伊勢と大和の国分け伝説が残る自然石だ。飯高町(現松阪市)の文化財(史跡)。

珍布峠

珍布峠

珍布[めずらし]峠。切通しになっている。ふと[参照]善光寺街道(6日目)の「青柳の大切通し」が思い浮かんだ。

説明板

説明板

先程、見た礫石と峠の説明だ。峠名の碑も立派。

珍布峠をふり返る

珍布峠をふり返る

マイカーでの通過は無理なようだ。

死人谷

死人谷

昔、道中で行倒れの旅人がいたという所。

街道沿いに建つ道標

街道沿いに建つ道標

花岡神社の近くには背の高い道標が建つ。中央奥が珍布峠方面。

文政2年(1819)の道標

文政2年(1819)の道標

紀州ミち(みち) よし乃かうや(吉野高野)なら はセ(初瀬)」「左くりたち(栗谷) れいふみち(霊符山太陽寺)是より八十丁」

花岡神社

花岡神社

この界隈、往時は商家や旅館が多く賑わった所である。

宮前宿

宮前宿

花岡神社の門前町である。古い町並みが残されている。

粥見宿

和歌山街道 粥見宿の地図
粥見宿

粥見[かゆみ]宿

粥見神社(写真右)付近の景観。の赤い鳥居は福信院。

粥見の追分け道標

粥見の追分け道標

右、さんぐう 左、まつさか道」。粥見神社の南東に建つ。粥見から田丸へは和歌山別街道を利用する。

丹生

和歌山街道 丹生の地図
勢和大橋付近の景観

勢和大橋(右奥)付近の景観

粥見から昔は舟戸の渡し(今の桜橋)で勢和に向かった。伊勢神宮への近道だった。

長龍神事

長龍神事

長龍[ちょうろう]神事。旧勢和村(現、多気町片野)八柱神社の祭。270年の伝統があり春分の日(3.21)に実施される。

春の祭

春の祭

雨乞いと豊作を祈願して奉納される。

楽しい祭

楽しい祭

長龍(ヤマタノオロチ)の体内に飲み込まれた子ども達を赤天狗(スサノオノミコト)が引きずり出す。

丹生

丹生

丹生[にゅう]は伊勢商人発祥の地。古くは水銀の産地だった(近世に廃坑)。
に仁王門が建つ。

中牧〜相可

和歌山街道 中牧〜相可の地図
神宮寺仁王門

神宮寺仁王門

神宮寺は弘法大師の開基で丹生はその門前町、宿場町だった。

丹生の分岐道標

丹生の分岐道標

右、いせさんぐう 左、よしのかうや

中牧の旧道

中牧の旧道

右奥には伊勢自動車道の高架が見える。

中牧

中牧

中牧の街道筋。に道標が、さりげなくたたずむ。

道分れ地蔵

道分れ地蔵

地蔵の浮彫の下に「右、いせみち 左、まつさかみち」とある。

仏足石

仏足石(鍬形不動院入口)

釈迦の足跡のことで、旅人は、この「足神さん」にワラジを奉納(写真右)して旅の安全を祈願した。

歯痛地蔵

歯痛地蔵

多気町三疋田、街道沿いの歯痛地蔵は歯痛に効能があるという。

大常夜灯

大常夜灯

四疋田に建つ街道中、最大級の常夜灯(高さ5.5m)。

歩いた街道

北海道の街道

  1. 福山街道