下野街道 五日目の街道歩き旅 [大内宿散策編]

大内宿散策

下野街道 大内宿散策の地図
三澤屋付近

三澤屋付近

24年ぶりに大内宿へやって来た。すっかり美人に変貌していた。ここは南の入口、三澤屋付近。

大内宿

大内宿

車の進入も禁止されているので歩行者天国。

安心して散策、買い物ができる。

用水

用水

街道沿いに清流が音をたてて流れる。かつては道路中央に用水が流れ、馬に水を飲ませていた。

大内宿

大内宿

大内宿のメインストリートは南北に約500m続く。

街道沿いに45軒。

大勢の観光客(2009年は116万人)がやって来るが、午後5時頃を過ぎると静けさを取り戻す。

本家扇屋

本家扇屋

一泊お世話になった民宿本家扇屋。

気さくなおかみさんに夕方の散歩を勧められた。

家々には灯がぼんやり点るだけ。余計な光や雑音が全くない。

高倉神社への参道

高倉神社への参道

火の見櫓の向かいには大鳥居が建ち高倉神社への参道(写真中央)が続いている。以仁王[もちひとおう](1180年平家に敗れ宇治で戦死)を祭神とする。以仁王は実は生きのびて、ここ大内に逃れ越後へ去ったという伝説がある。

大内宿町並み展示館

町並み展示館

大内宿町並み展示館。

本陣跡に復元。

本陣跡

本陣跡

24年前の本陣跡。

ほとんど変わっていない。

茅葺きの民家

茅葺きの民家

茅葺きの民家の屋根は、すべて同じ方向に揃えて建てられており端正そのもの。

大内宿

大内宿

24年前の大内宿。

電柱が立ち、車も出入りし、道路はアスファルト舗装だった(今は砂利道に戻る)。

美濃屋

美濃屋

イザベラ・バード[参照:

羽州街道]が宿泊した美濃屋。名主阿部家という表札がかけてある。大内では、どの家にも家号がある。

叶屋

叶屋

みやげ屋の叶屋。

もう閉店していたが、おしゃれな暖簾(写真中央)が目に止まった。

叶屋

叶屋

これも24年前。

あの日は雨だっけ。

子安観音

子安観音

ここは大内宿の北はずれ。

石段を登ると子安観音(写真奥)。湯殿山碑(写真右)は東北地方でよく見かける。ここを通って多くの人が参詣したことであろう。

地蔵

地蔵

お地蔵さんの衣装が少しおしゃれになった。

この辺りから街道は宿場特有の鉤[かぎ]の手曲がりとなる。

地蔵

地蔵

これが24年前。

子安観音

子安観音

前述の子安観音からの眺めは必見。

撮影のベストスポットである。まるで江戸時代にタイムスリップしたようだ!