北陸道 十日目の街道歩き旅 [寺井~野々市~金沢編]

寺井~手取川

北陸道 寺井~手取川の地図
南天橋

南天橋

寺井宿にやって来た。

この南天橋で左折(写真前方)し、約300mの所で右折する。

南天橋

南天橋

南天橋には、さりげなく街道絵図のパネルが並べてある。加賀の殿様の行列であろうか。

吉光一里塚

吉光一里塚

だだっ広い平野の中に巨木が目立つ。

それは現存する吉光の一里塚だった。

吉光一里塚

吉光一里塚

貴重な吉光の一里塚。

近くには豊穣無窮の碑(写真右)も建つ。

吉光八幡神社

吉光八幡神社

一里塚の近くに鎮座する吉光八幡神社。

手取川

手取川

過去に何度も大洪水を繰り返した手取川。藩政時代は粟生[あお]の渡しが唯一の渡河手段だった。

手取川~柏野

北陸道 手取川~柏野の地図
明治天皇小休碑

明治天皇小休碑

柏野宿には明治天皇小休碑(写真中央奥)が建つ。

JR加賀笠間駅の南東へ約700m地点。

松任~野々市近郊

北陸道 松任~野々市近郊の地図
聖興寺

聖興寺

松任[まっとう]に生まれた加賀の千代の墓や辞世の句碑が残る聖興寺。

この寺の前の北陸道を千代尼通りと呼ぶ。

高札場跡

高札場跡

高札場跡(写真左)付近の景観。

松任御伝馬所跡碑

松任御伝馬所跡碑

こうじの大村屋。店の横(写真左)には松任御伝馬所跡碑が建つ。

道標

道標

松任駅の南、四日市の交差点に建つ道標。

「右、京都道 左、金沢」

野々市~泉

北陸道 野々市~泉の地図
野々市町郷土資料館

野々市町郷土資料館

もと宿場の野々市にやって来た。こちらは野々市町郷土資料館。

喜多記念館

喜多記念館

喜多記念館(写真左)は典型的な加賀の町家造り建築。

喜多記念館

喜多記念館

元禄時代から醤油屋や酒屋を営んでいた。

国の重要文化財。

野々市の町並み

野々市の町並み

野々市の町並み。

北国街道碑

北国街道碑

本町2丁目南で左折する。

ここには鮮やかな北国街道碑(写真左)が建つ。北陸道のことである。

野々市の町並み

野々市の町並み

ここも野々市の町並み。

泉3丁目付近

泉3丁目付近

金沢市泉3丁目付近の景観。

国造神社

国造神社

国造神社(写真右)付近の町並み。

泉~金沢

北陸道 泉~金沢の地図
西茶屋街

西茶屋街

西茶屋街には格子戸の料亭が立ち並ぶ。

西茶屋資料館

西茶屋資料館

こちらは西茶屋資料館(入場無料)。

長町

長町

この長町は藩政時代、中級以上の武士たちの屋敷があった所。

大野庄用水

大野庄用水

大野庄用水は金沢の古い用水。武家屋敷の土塀沿いに流れる。

武家屋敷跡

武家屋敷跡

城下の防禦を兼ねた細い路地が続く武家屋敷跡。

土塀

土塀

両側には土塀が続き藩政時代の面影を濃く残す。

武蔵ヶ辻

武蔵ヶ辻

街道はこの武蔵ヶ辻で大きく直角に曲がる(写真右端→右奥)。この交差点の近くには有名な近江町市場がある。

鏡花のみち

鏡花のみち

若き日の泉鏡花が好んで散策したという鏡花のみち(浅野川畔)

主計町茶屋街

主計町茶屋街

金沢三花街の一つ。主計町[かずえまち]茶屋街は明治期に遊郭があった所。いかにも花街らしい情緒にあふれる。右には浅野川が流れる。

俵屋

俵屋

浅野川の彦三大橋に近いあめ作りの老舗、俵屋。

江戸期の商家の姿を留めるあめ屋である。

枯木橋

枯木橋

石川銀行橋場支店(写真左)の近くにかかる枯木橋。

石川県里程元標

石川県里程元標

この枯木橋の横には石川県里程元標が建つ。

浅野川大橋付近

浅野川大橋付近

浅野川大橋付近の景観。

水芸の太夫・滝の白糸像

水芸の太夫・滝の白糸像

鏡花のみちには、水芸の太夫・滝の白糸像が建つ。