千国街道 八日目の街道歩き旅[中土~深原~大峠編]

中土~大峠

千国街道 中土~深原~大峠の地図
バス停・中土局前

バス停・中土局前

このコースはバス停・中土局前からスタートする。中谷橋(写真右)を渡り、諏訪神社(写真中央奥)を先ず目指す。

谷大宮諏訪神社

中谷大宮諏訪神社

この地方には諏訪神社が大変多いが、この中谷大宮諏訪神社はその中核。この神社の夏祭(8月最終日曜)には狂拍子(くるんびょうし)が村の中を練り神社へ向う。

狂拍子

狂拍子

狂拍子は10才くらいの男児2名でカツラを着用し、あでやかな衣装で太鼓と囃子に合わせ軽快に踊る。

狂拍子

狂拍子

これは豊作祈願のための踊りで、陰陽合体を意味する。つまり後の子が長めの1体の棒(陽)、前の子が 2本の棒(陰)を持ち、時折棒をはさむ形となる。

狂拍子

狂拍子

12人の奴も登場する。赤頭巾に赤褌[ふんどし]で、法被[はっぴ]姿である。

狂拍子

狂拍子

奴は神社で一踊後、自分たちで詠んだ歌を唱え神に奉納する。時に厳しい時局批判も出る。以上1976年8月撮影。

地蔵峠への道

地蔵峠への道

さて、これから地蔵峠方面(写真右奥)を目指す。

傾城清水

傾城清水

古道は直進。右へ行くと名水として知られた傾城[けいせい]清水。

薬師堂

薬師堂

埋橋[うずはし]の薬師堂。

地蔵峠への道

地蔵峠への道

中央奥へと進む。

標柱

標柱

古道沿いに「追分」と書かれた標柱が建つ。

番小屋

番小屋

「番小屋」と書かれた標柱が立つ。傍には十一面観音。左奥へと進む。

橋

橋を渡り中央奥へと登っていく。

古道

古道

雑草が繁茂する古道(写真中央)。

貝の平

貝の平

ここが貝の平。平倉城(南へ約5km山城)への援軍上杉勢が到着した知らせにホラ貝を吹いたところだ。

地団駄

地団駄

ここが「地団駄」。

上杉軍の応援は間に合わず地団駄踏んで悔しがったという。

観音菱

観音菱

観音菱の観音像(写真右上)。岩場の道を開いた難工事の犠牲者を供養する。菱は絶壁のこと。

地蔵峠

地蔵峠

地蔵峠にやって来た。標高1.036m。広くて明るい感じの峠だ。

地蔵堂

地蔵堂

地蔵峠に建つ地蔵堂(写真中央)。かつては、近郷は勿論、越後からの参詣者もあったという。この日は誰にも会わなかった。

センの大木

センの大木

地蔵峠から、少し進んだところにセンの大木(写真中央)が立つ。

乳房の木

乳房の木

このセンの木は別名「乳房の木」。半円状のコブ(写真中央)が2つあるからだ。安産と子授けの神木として信仰された。

乳房の木

乳房の木

いかにも古道の峠らしい雰囲気だ。乳房の木をふり返る。

三坂峠

三坂峠

三坂峠(大峠)にやって来た。古代には官道として重要な街道だったといわれる。峠の石仏と一期一会の対面を果たす。地蔵峠から約50分かかる。

三坂峠

三坂峠

この三坂峠は千国街道中の最高地点にある。

標高1,215m。素晴らしい眺望だ!かすかに日本海も見える。